06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/17(Sun)

BANDAGEの感動・・・・・・・ちょっと付け加えました。

待ちに待った公開の日。
なのにわたしは、もしかしたら観に行けないかもっていうくらい大変な気持ちを抱えていました。息子のことで・・・
でも、私は、BANDAGE主役に抜擢されてから仁がどのようにこの映画に関わってきたか私なりに見てきたからこそ、やはり初日に観に行くべきだと言い聞かせて、行ってきました。

外に出たら、一昨日までとはうってかわって、ぽかぽか小春日和。
まるで公開の日をお祝いしているかのように、日差しがキラキラと輝いて見えました。
旦那がいなかったので、
息子と娘と私3人で電車に乗り、ある駅まで行きました。
その駅で、息子は新幹線に乗り換え、東京へ帰っていき、
娘はその駅では降りずに、あるホールで行われたマリンバコンサートに一人で出かけ、
私は、映画館へ・・・。

観に行ってよかった。
今も感動に浸っております。
昨日は、2回観たんです。
本当は、3回観ようと思えば時間的には観れたんです。
でも、1回目を観た後、心にいろんな感情が沸き起こって、整理できなくて続けて観ることが出来ませんでした。
一度とにかく今の気持ちをなんか書かなきゃと、スタバに入って、思いつくままに手帳に書いていました。

ここからは、少しネタバレになっているかも・・・・・

【More・・・】



・・・・なぜ、アサコはナツのことをそんなに好きじゃないのに、ナツの誘いに付いて行くんだろ。
・・・・ナツはランズの中で一番だめな人間のように描かれているのに、なぜリーダーなんだろう。とか・・・。



「ナツと自分は似てない。違う。」と仁があれほど言っていたのに、やっぱり仁とナツがだぶってしまって・・・。
ナツはナツで、仁とは違うんだ、違うんだと言い聞かせないといけないくらい仁はナツでした。

だから、まるでナツの苦しみが仁の苦しみのように思え、ナツの悲しみが仁の悲しみに思え、ナツの叫びが仁の叫びのように聞こえ、映画を見ている間ずっと苦しかったです。
いえ、終わってからも苦しかったかも・・・。


予告編やいろんな雑誌で観ていたものは、ネタバレではありませんでした・・・。
本編は、私が思い描いていたものとは全然違っていました。
そして、90年代のバンドのことを描いているということなんて忘れてしまうほど、
BANDAGEの世界観は今にも通じるものがありました。
描いていたものは、青年の葛藤ですものね。いつの時代の若者も持つ普遍的な感情ですよね。
でも、葛藤や確執だけじゃなく、最後は希望も感じました。


仁の表現力は素晴らしかったです。
ナツの様々な感情を、その背中で、その指先で、その目で唇で、見事に表現していました。
とくに、鏡の中の自分にたばこを押し付けるところからのいわゆる後半の演技は圧巻でした。


自信をなくしたナツ

バンドのことを考え苦しむナツ

そして
あのぐちゃぐちゃのシーン。
これは、思ってた以上にぐちゃぐちゃで、
ナツの繊細な感情があらわにされて苦しかった。

悲しいキス。
その後のあの歌・・・・。



ランズのメンバーの心の叫びのようにも聞こえた「20歳の戦争」

2回目は、ひなちゃんと一緒に見たんだけど、
1回目もだったんだけどやはり後半の「20歳の戦争」から感極まって泣いてしまいました。
ラストのあのナツはほんとにステキで、ひなちゃんも絶賛。
ここでも、仁はナツの成長を見事に表現していました。



書きたいことは山ほどあるんだけど
まだたくさん下書きには書いてあるんだけど

今は書くのやめておきます。




そうそう、この作品はナツだけじゃなく、一人一人の個性がしっかり描かれていたから、見終わったときには、ランズのメンバー全員にとっても興味が沸いていたし、みんなのことが愛しくなってましたよ。

そして、曲。
結構聴きこんで行ったから、まさにランズのファンの気分で聴けたし、
よく分からなかったこと、例えば、
どうして、スカバージョン?とか、どうしてYズエディション?っとかが、
あ~~そういうことなのか~って分かってきて・・・・・

BANDAGEは最後にやっと流れるのだけど、その意味も分かって。


映画で流れたランズの音楽が、この映画を支え、息を吹き込んでいると感じました。
リアルでした。
それは、今、歌っていたナツがしゃべり、しゃべっていたナツが歌うから・・・。
リュージのドラムもすごかった。



とにかく
2回観たくらいではよく分からなかったこともたくさんあるし、
今回は、私自身ちょっと不安定な感情で観ていたし、
スクリーンに映る仁を堪能するには、2回では足りませんし、

まだ何度も観に行きます。

☆ランキングに参加しています!よろしくお願いします☆
ジャニーズブログランキング

いつも応援ありがとうございます。

03:42  |  BANDAGE  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。